Skip to content

念仏宗にみる宗教の価値観と人生論

唐突に、流されるように転げ落ちるような経験をしたことがありますか?長い人生とは言えども、そうした転落なんてものはそうは経験したいと思えないことの一つですね。しかし、大きくなくても、大きくても、人は何かしらの挫折を味わった時に、何を支えに生きていくべきかについて惑うものです。なぜなら、挫折には、あなたの価値観を大きく揺るがす出来事が必ず関係しているからです。しかし、念仏宗などの宗教にはそうした悩みを取り除いてくれる、という大きなメリットがあります。そのため、人は宗教に心の拠り所を見つけるのだと思います。自分は信じていなくても、友人に一人くらいは宗教的な人が居ても良い。そう考えられているのは、現代の帝王学として知られる「三人の友人」に語られている。念仏宗だけに限る訳ではないけども、宗教がもつ最大の強みは、まさに人生観の揺るぎなさという一点に他ならない。強固な信心は鉄をも穿つ。あなたの価値観にはそれがあるだろうか?

念仏宗などのスピリチュアリズムと人生観

さながらそびえ立つヒマラヤ山脈のように、わたしたちの人生というものは、苦難や困難な出来事が次から次へと舞い込んでくる。どんなに卓越した技術があっても、どんなに素晴らしい人格であっても、いかほどに順風満帆などという人生が終わりまで続くかといえば、それもまた闇の中である。人はそうした闇の指針として、仏経などのスピリチュアリズムに助けを請う。念仏宗の教義を通じて、見えることのない未来の闇に対して防御線を敷くのだ。また、時にはそうしたスピリチュアリズムは、人生の道標として機能する。なにも念仏宗の教義だけに限った話ではない。プロテスタントもイスラム教も、あらゆる教えはただ一つ、「人間はどうあるべきか?」について言及し続け、困難に立ち向かうためにあなたがすべきことについて、ハッキリとした答えを与え続けているのだ。精神論とはいうものの、宗教がもつ最大の効果は、より実地に基づいた人生観の境地を、わかりやすく明示してあることだ。